スポンサードリンク


通信ニュース感想日記サイトトップ >ニュース >>スーパーランナーズの社会貢献

スーパーランナーズの社会貢献

■女性ランナー向け腕時計 セイコーウオッチ(共同通信)

 時計メーカーのセイコーが、ランニング用の腕時計「スーパーランナーズ」から女性向けの新モデルを発売したそうです。
記事によると、「重さ30グラム」「ストップウオッチ」「設定した間隔で電子音を鳴らして走行ペースを一定に保てる機能」「希望小売価格は1万2600円」とあります。
まぁ、希望小売価格は、そのうち量販店で40%オフとかになるんだろうから、そうなれば7560円です。
ランニングをオシャレに行ないたい人には、適した価格になるのではないでしょうか。
しかし、このランニングのブームって何なんでしょうか。
「ロハス」とか、その辺からきてるんでしょうかね。
健康ブームを、よりカッコよくって感じですか。
アスリートを育てるには「重さ30グラム」とかは、かえってマイナスな感じもします。
アスリートっていうと、逆に「重さ500グラム」とか付けてそうだし・・・。

でも、この商品で私が目をつけたのは、「設定した間隔で電子音を鳴ら」すところ。
実際には、どういうものかは分かりませんが、もしかしたらインターバル・トレーニングが出来るのかなぁと。
たとえば、20秒間ダッシュして10秒間歩くとか。
つねに20秒間隔だけではなく、あいだに10秒間隔で電子音が鳴れば助かります。
いろんなスポーツで、トレーナーが同行しなくても、一人でインターバル・トレーニングがやりやすくなる。
ボクシングのロードワークで、3分間走って1分間歩くというトレーニングを、一流選手がよく行なっています。
でも、一人でロードワークやる人がほとんどなので、時間を計りながら走るのは正直しんどいです。
そこで、電子音が「3分後に鳴って、その1分後に鳴って」を繰り返すように設定できれば、かなりやりやすくなります。
ボクシング用品のメーカーにこそ、そういう時計を作ってほしいですね。

それはそうと、人々の健康に役立つ商品の開発は、企業の社会貢献であるとも言えます。
サプリメントの販売も、テレビの健康情報番組も、そこにウソが介在しないのであれば肯定されるべきものだと思います。
だからこそ、その辺の成分チェック・審議等は厳重に行うべきだといえます。


漫才 「サプリメント」


漫才 「オードリー春日 骨折」


漫才 「通常国会はじまる」


漫才 「間 寛平さん前立腺ガン発症」



スポンサーサイト


スポンサードリンク

QRコード

QR