スポンサードリンク


通信ニュース感想日記サイトトップ >ニュース >>トランス脂肪酸の含有量表示を義務付け

トランス脂肪酸の含有量表示を義務付け

■悪玉増やす油、表示義務付けへ 消費者庁(共同通信)

 トランス脂肪酸の含有量表示を義務付けを検討すると、福島瑞穂消費者行政担当相が記者会見で明かしました。
悪玉コレステロールを増やし心臓疾患のリスクを高めるとされるトランス脂肪酸ですが、この「リスクを高めるとされる」ということは、「リスクを高めるみたいだ」程度の推量・推定であって、確定ではないということですかね。
ダイオキシンの危険性も、この推量・推定なんですよね。
「危険だとされる」程度なんですよね。

こういうのを考えていくと、「健康」とか「危険」とかって難しいですね。
食品添加物なんて、ほとんどそうでしょう。
少量なら大丈夫だけど、大量に摂取すると危険だというものばかりで。
でも、それをいうと、塩だって摂りすぎはよくないし、カルシウムも良くない。
H2Oも、飲みすぎると体内の菌が洗い流されて死滅するから良くない。
そう考えていくと、結局はその人の志向・思想に判断が委ねられることになりますね。
その判断のためにはディスクロージャーが必要だとなり、表示義務付けへ進むわけです。

ただ、福島担当相はこう言っています。
「国際的動向を踏まえ、国民のを図る観点から検討したい」と。
この「健康増進」って何なんでしょうね。
「健康増進法」により禁煙、とか。
本来、健康って増進するものではないでしょう。
健康を「ゼロ」と考えて、病気や怪我や不健康な状態を「マイナス」と見るのが自然な感覚ではないのですか。
どこか不自然で、どこか政治の「陣取り合戦」「椅子取りゲーム」の専門用語みたいに感じてしまうのです。
スポンサーサイト


スポンサードリンク

QRコード

QR