FC2ブログ
スポンサードリンク


通信ニュース感想日記サイトトップ >スポンサー広告 >>スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサードリンク

通信ニュース感想日記サイトトップ >ニュース >>「密約」はもうひとつある

「密約」はもうひとつある

■核密約関連文書見つかる=外相、年明けに公表へ(時事通信)

 「核密約」とか単に「密約」とか呼んでいますが、これって自民党政府はずっと認めてこなかったんですよね。
そのことを問題としていた河野太郎議員は総裁選で落選するし。
与野党が逆転したのに、野党の方が追及を受けそうな展開です。
この「密約」っ非核3原則ていうのは、いわゆる「非核3原則」の「核を持ち込ませない」に反するものです。
60年の日米安保改定の「事前協議」で、核を搭載した米軍艦船や航空機の日本寄港・通過を認めたもの。
72年の沖縄返還時にも、有事の際の沖縄への核持ち込みを認めたという問題です。

岸首相と佐藤首相のときで、この二人は親族ですよね。
このことも、私が安倍政権をはじめからイヤだった理由のひとつですが・・・
ノーベル平和賞が、いかにいい加減なものかが分かりますね。
オバマ大統領にとっては、不名誉な賞なのかもしれません。

しかし、私はこの密約に対しては、それほど日本にとってマイナスだとは思っていません。
核の傘に守られていながら「非核3原則」などという事実上の嘘が、現実に嘘だったというだけでしょう。
いずれにせよ改定安保が、日本の「アメリカ追従外交」を決定づけたわけですからね。
密約の有無にかかわらず。

私は「核密約」よりも「沖縄密約」を問題にすべきだと思います。
沖縄返還時の米軍施設の原状回復費のことです。
表向きは、両国の合意文書で「米側が負担する」となっていながら、実は「日本政府が負担する」という密約があった件です。
こちらこそ追及して、「もう米軍施設に税金を使わないように」という国民感情を高めるべきです。
でも、それをやると対米外交がやりにくくなりそうだから、後回しにされるんでしょうね。

「非核2.5原則」とか、正直どうでもいいです。
スポンサーサイト


スポンサードリンク

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。